iPhoneが「iCloudにサインイン」ポップアップループで立ち往生:修正のヒント

一部のiOSデバイスでは、「iCloudにサインイン」メッセージが数秒/分ごとにポップアップし続け、ワークフローを中断します。 控えめに言っても面倒ですが、ポップアップの頻度が非常に悪いため、iPhone / iPadで修正することさえできません。

この問題に手を出した後、問題がWi-fiにあることは非常に確実です。 Wi-fiに接続していない場合、iOSデバイスがネットワークへのラッチに問題がある場合、またはデバイスがWi-fiネットワークへの接続をブロックしている他の何かがある場合、この「iCloudへのサインイン」ループが発生します。

「iCloudにサインイン」ポップアップループでスタックしたiPhoneを修正するためのヒント

これを修正するには、iPhone / iPadをWi-fiネットワークに接続する必要があります。 つまり、設定→Wi-fiに進み、ネットワークに参加して、ネットワークのパスワードを入力する必要があります。

唯一の問題は、ポップアップメッセージにより、この単純なアクティビティを実行できないことです。 ポップアップが表示されるたびに、ワークフローがブロックされ、パスワードを入力してポップアップを閉じるまでバックグラウンドで何もできなくなります。

これを修正する方法がいくつかあります。 トリックは、ポップアップが再表示される前にWi-fiネットワークにラッチできるように、何らかの方法でiPhoneに息を吹き込むスペースと時間を確保することです。

#1。 ハードリセット+ Wi-Fi設定

ハードリセットとは、画面が空白になるまでホームボタンと電源ボタンを押したままにすることです。 次に、電源ボタンを押してiPhoneを起動します。 ハードリセットを実行し、iPhoneを再起動すると、iCloudについて考える前にiPhoneが初期化するのに時間がかかります。

この時間は、iPhoneをWi-fiネットワークに接続するために使用できます。 そのため、ハードリセット後にiPhoneが起動した場合、最初に行うことは、 設定→Wi-fiに進み、ネットワークに参加することです。

#2。 iTunesバックアップ+同期

ハードリセットが機能しない場合は、PC / MacでiTunesのヘルプを探す必要があるかもしれません。 これをする:

ステップ1。 iPhoneをコンピューターに接続し、iTunesを起動します。

ステップ2。 サイドバーから、iPhoneを選択します。 それを右クリックして、[ 今すぐバックアップ ]をクリックします…

ステップ#3。 「iCloudにサインイン」ポップアップを無視します(または閉じます)。

ステップ#4。 iPhoneのバックアップ中は、ポップアップが画面に表示されません。 この時間を使用して、Wi-Fiネットワークに参加します。

ステップ#5。 バックアップ後、切断して[設定]→[iCloud]に移動し、iCloudアカウントに再サインインします。 (または、ポップアップが表示された場合は、同じパスワードを入力してください。)

#3。 戻す

前の方法でも機能しなかった場合、唯一の選択肢は復元することです。 これは主に、問題なくWi-fiネットワークに接続できるのは、新しい復元からデバイスをセットアップするときだけであるためです。

iPhoneを復元して新規として設定すると、Wi-Fiネットワークに参加するよう求められます。 そして、あなたはあなたのiPhoneを殺すポップアップループなしでiCloudにサインインすることができます。

Wi-Fiがない場合は、復元も利用可能な唯一のオプションです。

それは今のところすべてです!

そのような記事にもっと追いつきたいですか? 必ずアプリをダウンロードし、Facebook、Twitter、Telegramで最新情報をお見逃しなくお楽しみください。