バックアップをiPhone 6s / 6s Plusに復元した後にアプリが消えましたか? ここに修正があります!

Appleは2011年にiCloudを導入しました。 それまでは、ユーザーはデータをコンピューターに保存するためにiTunesに頼らなければなりませんでした。 Wi-Fi SyncとiCloudはまだ実現されていません。

iDevicesのアプリはコンピューターのスペースを使い果たします。 しかし、一方で、アプリがAppStoreから削除された場合でも、それらのアプリを復元できるという利点がありました。

現在の状況への移行-データの復元アクションを実行するとき、アプリはリモートに保存されることに注意してください。 iCloudまたはiTunesのバックアップを作成しても。 iCloudバックアップは個人のアプリデータを保存し、アプリ自体はAppStoreサーバーに保存されます。

これは、iOS 9からのスマートな動きであるApp Thinningによるものです。この割り当てシステムにより、iPhoneおよびiPad用のユニバーサルアプリを作成できます。 所有するiPhoneにアプリの半分しか含まれていない場合、iTunesを使用してコンピュータに完全にバックアップすることはできないため、iPhoneはクラウドに依存する必要があります。

iCloudに何か問題が発生した場合、サードパーティのアプリの復元の希望を失う可能性があります。 また、所有しているアプリを失う準備をする必要があります。 これらのアプリはAppStoreに保存されなくなり、バックアップから復元できないためです。 この状況では、以下に示すいくつかの解決策に従うことができます。

バックアップをiPhone 6sまたはiPhone 6s Plusに復元した後、アプリが見つからないという問題の解決策については、次の5つの方法があります。

iPhone 6s / 6s Plusで見つからないアプリの問題を修正する方法

Wi-Fi接続を確認する

携帯データとWi-Fiインターネットの比較はありません。 モバイルデータを使用してアプリを復元すると、その速度に腹を立てます。 アプリを復元しても、何もしません。 Wi-Fiネットワークをよく確認する必要があります。 強力なWi-Fi接続を使用していない場合、アプリがハングする可能性があります。

アプリをトップにジャンプ

iPhoneアプリをダウンロードキューの先頭に移動すると役立つ場合があります。 サードパーティのアプリが表示されているかどうかを確認してください。 アプリアイコンをタップして、ダウンロードシリーズの先頭に移動します。 このソリューションは毎回ポジティブな結果をもたらすわけではありませんが、どんな状況でも動けなくなる場合には目的を果たすことができます。 アプリがまったく表示されない場合(見つからない場合)、この方法は役に立ちません。

アプリを再ダウンロードする

問題が解決しない場合は、問題のアプリを削除して再度ダウンロードしてください。 アプリを長押しすると、アプリに削除アイコン(x)が表示されます。 アプリを削除し、アプリストアから再インストールします。

強制的に再起動する

Force Restartを使用すると、iPhoneの多くの問題を解決できます。この場合、iCloudでスタックする可能性があります。 または、他の問題のために機能を停止した可能性があります。 iPhoneを再起動すると、手順全体を再開できます。 iPhoneの画面にAppleロゴが表示されるまで、電源ボタンとホームボタンを同時に押します。

購入済みセクションに移動

バックアッププロセスが誤っていると、アプリが完全に削除されます。 今度は、電話の復元に行くか(これを行う時間がある場合)、または問題のそのアプリを再ダウンロードします。 ただし、[購入済み]セクションからアプリを再ダウンロードする必要があります:AppStore→更新→購入済み。

理想的には、再ダウンロードするとアプリのデータが保存されるはずです。 バックアップにエラーがあった場合、データが失われる可能性があります。

 

コメントを残します