iPhoneをモデムに変える方法:iPhoneを介したインターネット接続

パーソナルホットスポットにより、ラップトップ、iPad、その他のスマートフォンやデバイスをiPhone経由でインターネットに簡単に接続できます。 あなたはもう物事をつなぎ、それを成し遂げるためにいくつかのソフトウェアをセットアップする必要はありません。

携帯通信会社によっては、パーソナルホットスポット機能が有効になっています(または有効にする必要がある場合があります)。 iPhoneのパーソナルホットスポットは、iPhoneをモデムに変えるものです。 もちろん、バリエーションもあります。

興味深いことに、多くの人がiPhoneをモデムとして使用する方法を尋ね続けています。 その情報をお探しの場合は、こちらにあります。

iPhoneをモデムとして使用する方法

iPhoneをシステムに接続することで、iPhoneをラップトップ/デスクトップのモデムとして使用できます。

ステップ1。 [設定]→[パーソナルホットスポット]に移動します。

パーソナルホットスポットが表示されない場合、またはアクティブになっていない場合は、キャリア(AT&T、Verizonなど)を呼び出して、番号のサービスを有効にするように依頼する必要があります。 通常、デフォルトで有効になっています。

ステップ2。 この機能をオンにするiPhoneは、個人用ホットスポットをオンにした場合にのみアクティブなホットスポットになります。 これは、「有線」で接続している場合でも適用されます。

ステップ#3。 iPhoneをUSBケーブルでコンピューターに接続します。

ステップ#4。 iTunesを忘れてください。 それは私たちが望んでいるものではないので、それが開いたり、無視したり、閉じたりする場合。

ステップ#5。 ネットワーク設定(タスクバーからアクセス可能)の下に、iPhoneがネットワークデバイスとしてリストされます。 クリックして。

ステップ#6。 接続すると、iPhoneを介して3G / 4G接続にアクセスできるようになります。 モデムとして機能し始めます。

これは特に簡単な方法です。 もちろん、Wi-Fiモデムとして使用する場合は、ラップトップのWi-Fiレシーバーをオンにして、デバイスを検索するだけです。

Wi-fiの場合、iPhoneは再びネットワークデバイスとしてリストされます。 ただし、今回はパスワードを入力する必要があります。 このパスワードは、[設定]→[パーソナルホットスポット]で見つけることができます(必要に応じて編集できます)。

以上です!

以下のコメント、Facebook、Twitter、Telegramでフィードバックをお寄せください。 また、iPhoneとiPadのiOSアプリを試してみてください。

 

コメントを残します