iPhoneまたはiPad(App Storeで)で購入したアプリが見つからない:修正方法

多くの人は、iPhone / iPadの購入履歴でアプリを見つけることができません。 ちなみに、PC / MacのiTunesからアクセスするとアプリが見つかりますが、App Storeで購入履歴を開くと何も表示されません。 これはあなたが直面している問題ですか?

まず、何千人ものユーザーがこの問題に直面しているので心配しないでください。 これはよく知られた問題です。

問題を解決する特定の修正はありませんが、多くのことを試して問題を解決できます。

App Storeで購入したアプリが見つかりませんか? iOS 12で修正する方法は次のとおりです。

ソリューション#1。 データ接続を介したWifi

データ接続を使用している場合、インターネット接続がApp Storeからのデータのロードに非常に遅い可能性があります。 これは、特に膨大な数のアプリの履歴がある場合に問題になる可能性があります。 適切な速度で既知のWifiネットワークに移動してみて、購入したアプリの履歴が見つかるかどうかを確認してください。

そうでない場合は、読み続けてください。

解決策 2。 App Storeからのサインアウトとサインイン

ステップ1。 [設定]→[ iTunes&App Stores ]に移動します。

ステップ2。 次に、 Apple IDをタップして、 サインアウトします。

ステップ#3。 ログアウトに成功したら、同じ画面でサインインをタップします。

ステップ#4。 App Storeを開き、右上のApple IDプロファイルをタップし、[ 購入済み]をタップして、このページで購入したアプリの履歴を取得するかどうかを確認ます。

このソリューションは、ある程度うまくいくことが知られています。 そうでない場合は、以下を読んで、他のいくつかのことを試してください。

ソリューション#3。 iCloudのサインアウトとサインイン

iCloudの同期とバックアップの後、アプリの管理方法は(ユーザー向けではなく)少し複雑になりました。 まれに、iCloudからサインアウトすることで、App Storeの[購入済み]セクションにあるアプリを復元できます。 この修正がなぜ機能するのか、どのように機能するのかはわかりませんが、試してみてください。

[設定]からiCloudにサインアウトし、サインインできます。リストの上部にある名前をタップし、一番下までスクロールして[ サインアウト]をタップします。

ソリューション#4。 ラストコール:検索の使用またはiTunesの使用

何も機能しない場合は、検索機能を使用して、ダウンロードしたアプリを再度ダウンロードする必要があります。 あるいは、これに慣れていない場合は、PCでiTunesを開いてApple IDアカウントにログインするだけです。

iTunesメニューバーの[ アカウント]に移動し、[ アカウントを表示] →[購入履歴]セクションの[ すべて 表示]をクリックします。

これにより、インストールしたすべてのアプリが表示されます。

注:過去90日間の購入を表示できます。

サインオフ

購入したアプリの履歴が絶対に必要な極端な場合は、iPhone / iPadの復元(バックアップまたは新規設定)に頼ることができます。 App StoreでApple IDにログインすると、[購入済み]セクションにアプリが表示されるはずです。

うまくいけば、これで問題が解決するはずです。

これらの投稿もご覧ください:

  • Face IDを使用してiPhone X、Xs、Xs Max、およびXRでアプリを購入する方法
  • iPhoneまたはiPadでApple Payを使用してアプリを購入する方法
  • iPhone、iPad、Mac、Apple TVからApp Storeサブスクリプションをキャンセルする方法

他のヒントに追いつきたいですか? 必ずアプリをダウンロードし、Facebook、Twitter、Telegramで最新情報をお見逃しなくお楽しみください。

 

コメントを残します